コストと設置

作業員の二人

太陽光発電の導入コストの計算方法

太陽光発電を設置する場合にはその目安となる価格は存在するのでそれを知っておくと、ある程度の価格判断ができます。例えばよく使われる単価として1kWあたりの価格が知られています。平均的な相場として1kWの価格で40万円から50万円あたりが目安となります。 家庭用に太陽光発電システムではその発電容量はだいたい3kWから7kWあたりの容量が多くなります。そのため一例として、1kWで45万円の商品で、発電容量が5kWとすると225万円が導入コストとなります。

誕生と法的整備や普及の歴史について知っておく

初めて太陽光発電が発明されたのは1954年のアメリカであり、その実用化は1958年となります。しかし当時は太陽電池がとても高価だったので、普及をすることはなく、その後第一次石油危機に際して、太陽光発電に注目が集まるようになり、以降は政府の後押しもあって積極的な研究開発が始まります。 日本でも1980年にソーラーシステムの導入のための融資制度が設けられたりと、太陽エネルギーを活用するための取り組みと政策が行われています。その後新エネルギー導入大綱や、RPS法の成立もあって太陽光発電システムの導入の下地も整い、導入が次第に増加しています。近年の余剰電力買取制度の導入もあって、太陽光発電システムの普及は急速に現在は進行しています。