電気で利益

大きな建物

発電した電気を売ることで利益が生まれます

電力会社から買う価格と発電した電気を売る価格では、買取制度により売る方が高く、その価格は家庭用であれば10年、産業用であれば20年保障されるため、投資目的で設置する方が多く居ます。 そういった太陽光発電投資は日当りのいい戸建や遊休地があれば可能です。 そして発電は日中行われるため、共働き家庭など日中に自宅に人が居ないご家庭は、消費電力が少ないため、特に利益が多くなるというメリットがあります。 売電の価格は年々見直され、引下げ傾向にあるため、太陽光発電投資は高値で売れるうちに実行するのが必須と言えるでしょう。 現状では利回りが10%を超え、かつ買い取り制度のために低リスクでの投資が可能となっています。

太陽光発電投資の人気が上がっています。

近年ではメディアでそのメリットが取り上げられたことで太陽光発電投資を行う方が急増したことや、太陽光パネルを標準装備した住宅が出始めたことなどが影響し、買い取り制度自体が揺らぎを見せ始めています。 その理由としては、送電網の容量を超えてしまい、電力会社が対応できなくなることや、殺到する応募の対策として政府が価格の大幅引き下げを行う可能性があることがあります。 設置には費用がかかりますが、最近では取り扱う業者が増えたことで価格競争が置き、かなり安くなっており、8〜10年ほどで回収できる見込みがあります。 そのため、太陽光発電投資を行える条件があるのであれば、高い売電価格が長期間保障される今こそ、大きなチャンスの時だと言えます。