雪氷熱利用の実態

綺麗な空気

寒冷地で導入が進む類似競合する発電である雪氷熱利用

発電とは違う点で太陽光発電と違いがありますが、冷熱を利用することで、冷房として使用できる点は、太陽光発電で冷房を同じく動かすことと同様に再生可能エネルギーの利用という事で類似競合するものです。 寒冷地においては積極的に導入がされているのが、雪氷熱を利用した冷房システムであり、例えば玄米の貯蔵施設に導入することで一年において常に安定した低温環境を実現したり、民間のマンションにも導入事例があります。 太陽光発電と比べると雪氷熱は利用できる地域が限られていますが、共生が可能な自然エネルギーという点で共に注目されています。

家庭用太陽光発電の導入にかかるコストの詳細について知る

産業用は発電量が10kW以上の太陽光発電となりますが、家庭用はそれ以下で一般的には2kWから6kWあたりがよく見られる発電量となります。太陽光発電の導入コストは細かく見ていくと、まず機材の費用が必要になります。最も費用のかかる太陽光電池モジュールをはじめ、それ以外にもパワーコンディショナーや架台、それらの配線ケーブルの代金が必要です。このうち太陽光電池モジュールは、それだけで全部のパネルをあわせると100万円を超えることもよくあります。 これに加えて設置工事費が必要となる点に注意をします。設置工事費やモジュール取り付け工事や配線を行う電気工事費用などです。さらに電力会社に売電するための諸手続きに掛かる費用も少額ですが必要です。